看護師トリビア!良い病院を見分ける方法

医学トリビアDATABASE

医学に関わる様々なトリビアをご紹介します

良い病院の見分け方がある?

看護師の場合、転職活動中は、「良い病院で働きたい」と考えながら、新しい職場を探すことでしょう。看護師専門の転職サイトなどで、いろいろな条件で探してみて、ここだ!と決めてはみたものの、看護師の職場は、やはり女性が多く、人間関係が重要な鍵を握ります。そこで、病院のHPや、求人広告などから人間関係の良し悪しを見極めるポイントをご紹介!!

また、看護師転職で色々調べていると、とても魅力的な看護師専門の転職サイトがあったのでご紹介しますね。それは「看護のお仕事」というサイトです。そこは求人数が業界トップクラスで、今なら転職支援金が!そして一番重要なことは、そこのコーディネーターが職場の人間関係まで調べてくれるらしいのです!!これは利用する価値アリですね。気になった方はここ↓
ナースの転職なら看護のお仕事
良い病院の見分け方がある?

ポイント1~適度に規模の大きい病院~

大規模病院では、スタッフの人数が多く、程よい距離感を保ちつつ仕事をすることができます。距離が近すぎないと、特定の人物からターゲットにされ、嫌がらせを受けるといった事態は起こりにくくなると考えられます。もしも、人間関係が険悪になったとしても、大規模病院の場合は配置転換をしてもらうなど、「逃げ場」が用意されています。
これに反して、小規模病院の場合は、スタッフの人数が少なくお互いの距離感も近いため、人間関係のトラブルが発生するとなかなか修復が難しくなります。とくに「アットホームな職場」が売りの病院などの場合、プライベートに立ち入られてしまうといった難点も。仕事とプライベートの区別をはっきりさせたい人には、大規模病院がオススメです。

ポイント2~幅広い年代の看護師が働いている~

40代や50代の、ベテラン看護師ばかりが働いている病院では、新卒や若手看護師が定着しずらい傾向があるようです。離職率も低く、ベテラン看護師ばかりの病院では、長年その病院で働いている看護師がお局様のようになっている可能性もあります。
その点、どの年代もまんべんなく働いている病院では、どんな人でも働きやすい病院と言えるでしょう。募集要項や求人広告を見るときは、スタッフの平均年齢や年齢分布も参考にするといいでしょう。

ポイント3~自分の求めている環境と一致しているか~

自分が求める環境と、転職先の環境が一致しているかどうかはとても大きな問題です。
例えば、小さな子供のいる人が、子供のいる看護師が少なく、育児に理解のない病院に転職した場合、残業をしないで定時で帰ると周囲から嫌な顔をされたり、子供が熱を出して急に休むと連絡すると嫌味を言われてしまうなど、周囲から理解してもらえなかった結果、「嫌な人ばかりで人間関係が最悪な職場」となってしまうのです。これは、環境の不一致が、人間関係の悪さへと、繋がってしまうのです。

看護師の転職理由として多いのが、人間関係です。そのため、転職先として考えている職場の人間関係を、しっかり見極めることは大切なことです。しかしそれだけでなく、自分がどういった環境で働きたいのかなど、じっくりと考え、確認するようにしましょう。
また、患者さん目線での良い病院というのもこれらから見て取れるでしょう。働いている看護師さんたちのコミュニケーションが取れてて、連携が良い病院に行きたいですよね??

PVの高い記事一覧

大病院では診察料が安い?
大病院では診察料が安い?

医師が患者を診察したときの対価が診察料です。診察料は基本診療料と指導管理料の合計です。基本診療料は診療の内容にかかわらず、医師が診察をした際にかかる費用で初診料、再診料などがこれにあたります。指導管理料は病気ごとの診察料金で、病気の状態に応じて細かく分類されています。続きはこちら

血液のドロドロとサラサラは両方とも悪?
血液のドロドロとサラサラは両方とも悪?

ドロドロ血液は体に悪く、サラサラ血液は体に良いという俗説があります。ドロドロ、サラサラは血液の粘性の表現ですが、実は血液の粘性が高くても、低くても体にいいことはありません。どちらも体に異常がある、あるいは異常をもたらす可能性のある状態です。体は、自分自身の身体機能を常に一定に保とうという性質がありますから、血液の粘性も普通の状態で保たれるのが正常なのです。続きはこちら

薬は異物?なぜ副作用が起こる?
薬は異物?なぜ副作用が起こる?

薬はそもそもカラダにとって異物です。人間はカラダに必要な成分は食べ物から摂取しています。薬は食べ物ではなく、人工的に作られたものなので、異物なのです。正しく飲まないと副作用が出て、カラダに害を与えたり、あるいはまったく効果が出なかったりします。医師の指導や服用の際の注意書きなどを確認して守るようにしましょう。続きはこちら