飲み方に技有り、薬トリビア

医学トリビアDATABASE

医学に関わる様々なトリビアをご紹介します

薬に関する医学トリビア

病気になったら、怪我をしたら、誰もが「薬」を飲んで、病気や怪我を早く治そうとしますよね。このため、「薬」はカラダに良いものと思い込んでいますが、本当にそうでしょうか?「薬」は本来、私たちのカラダにとっては「異物」なのです。正しく使用すれば、良い効果を得られますが、間違った使用をすれば、「副作用」などの危険があります。ここでは、そんな「薬」について、私たちの知らないトリビアをご紹介しましょう。

薬は異物?なぜ副作用が起こる?

カラダには、病気や怪我を治そうとする「自然治癒力」があります。薬は、その自然治癒力を更に高める手伝いをしてくるものになります。そのため、薬はカラダに良いものと思っていますが…。薬を飲んだことによって、症状が軽くなったりすることを「主作用」と言います。それに反して、薬を飲んだことによって、本来の目的以外の、良くない働きをしたことを「副作用」と言います。この「副作用」はなぜ起こるのでしょうか?

薬は飲み方で効き目が異なる?

最近は、健康のためにサプリメントを飲んでいる人や、定期的に市販の薬を飲んでいる人など、薬を飲むということが身近になってきたように感じます。それでも、薬を飲むのは嫌なものです。とくに、錠剤と違って、粉薬などは、大人になってからも飲みにくいと思っている人は少なくないでしょう。だからといって、ジュースや牛乳、お酒やビールなどで飲んではいけません。薬を飲むときは、その薬の効果なども考え、注意するようにしましょう。

PVの高い記事一覧

大病院では診察料が安い?
大病院では診察料が安い?

医師が患者を診察したときの対価が診察料です。診察料は基本診療料と指導管理料の合計です。基本診療料は診療の内容にかかわらず、医師が診察をした際にかかる費用で初診料、再診料などがこれにあたります。指導管理料は病気ごとの診察料金で、病気の状態に応じて細かく分類されています。続きはこちら

血液のドロドロとサラサラは両方とも悪?
血液のドロドロとサラサラは両方とも悪?

ドロドロ血液は体に悪く、サラサラ血液は体に良いという俗説があります。ドロドロ、サラサラは血液の粘性の表現ですが、実は血液の粘性が高くても、低くても体にいいことはありません。どちらも体に異常がある、あるいは異常をもたらす可能性のある状態です。体は、自分自身の身体機能を常に一定に保とうという性質がありますから、血液の粘性も普通の状態で保たれるのが正常なのです。続きはこちら

薬は異物?なぜ副作用が起こる?
薬は異物?なぜ副作用が起こる?

薬はそもそもカラダにとって異物です。人間はカラダに必要な成分は食べ物から摂取しています。薬は食べ物ではなく、人工的に作られたものなので、異物なのです。正しく飲まないと副作用が出て、カラダに害を与えたり、あるいはまったく効果が出なかったりします。医師の指導や服用の際の注意書きなどを確認して守るようにしましょう。続きはこちら